読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このページを読む者に永遠の呪いあれ

スマフォからコメントを書き込む場合、一度PCモードで表示してください

コメントを書きこむ前に、こちらの記事に必ず目を通してください 「処刑宣告

恒例! 芥川賞 オワタ\(^o^)/

読書

はい、またこの季節がやってまいりました! 
オワタ\(^o^)/文学賞の選考シーズンです!

芥川賞直木賞の候補作決定 音楽家の中原さんら
2006年07月03日06時07分
第135回芥川賞直木賞日本文学振興会主催)の候補作が発表された。芥川賞の候補には、音楽家としても活動する中原昌也さん(36)や、劇団を主宰、ラジオパーソナリティーも務めた本谷有希子さん(26)らが含まれている。選考会は13日、東京・築地の新喜楽で。候補作は次の通り。(敬称略、50音順)

芥川賞伊藤たかみ「八月の路上に捨てる」(文学界6月号)▽鹿島田真希「ナンバーワン・コンストラクション」(新潮1月号)▽島本理生「大きな熊が来る前に、おやすみ。」(同)▽中原昌也「点滅……」(同2月号)▽本谷有希子「生きてるだけで、愛。」(同6月号)
直木賞伊坂幸太郎「砂漠」(実業之日本社)▽宇月原晴明安徳天皇漂海記」(中央公論新社)▽古処誠二「遮断」(新潮社)▽貫井徳郎「愚行録」(東京創元社)▽三浦しをんまほろ駅前多田便利軒」(文芸春秋)▽森絵都風に舞いあがるビニールシート」(同)

http://www.asahi.com/culture/update/0703/001.html

オラが芥川賞ルサンチマンためこんでいるのは、読者の皆さんだったら既にご承知のはず。
根っこは根深い…
アンチ松尾 - このページを読む者に永遠の呪いあれ
第134回芥川賞 - このページを読む者に永遠の呪いあれ

伊藤たかみ「八月の路上に捨てる」(文學界6月号)
鹿島田真希「ナンバーワン・コンストラクション」(新潮1月号)
島本理生「大きな熊が来る前に、おやすみ。」(同)
中原昌也「点滅……」(同2月号)
本谷有希子「生きてるだけで、愛。」(同6月号)

文芸誌の編集者って頭おかしいんじゃないんですか?
伊藤たかみ以外、全部「新潮」掲載じゃないですか。いつから主催は新潮社にかわったんですか。
文藝春秋社は新潮社に魂売ったんですか。
違う。
伊藤たかみだけが自社掲載なところを見ると、要するにそれ以外は捨て駒ってわけだ。
本命ばれてます。これはいけない。これで受賞しなかったら、盛大な釣り作家認定だ。
しかし、あいかわらずクソなラインナップです。名指しはしないけどな! 「今、一番読みたくない作家ワースト3」あるいは「読んだら絶対駄目になる作家ワースト3」が入ってる! ぼへぇぇぇぇー。

まあ、コイツラくらいしか候補にあがれない今の文壇状況が最悪なのであって、さらにこういう作家しか世に送り出せない出版社の責任が一番重い。
これを読ませられる選考委員(池澤夏樹石原慎太郎黒井千次・河野多惠子・高樹のぶ子宮本輝村上龍山田詠美)テラカワイソス。
特にオイラの最愛の河野多恵子大先生が読まれる苦行を考えただけでぞっとしますよ。カワイソス!

つーか、オイラは世の中に嫌いな奴はいっぱいいるけど、一番でぇーきれーなのがシニカル・サブカル族なんだよっ!!!!
自分が一番かわいいっつーのがビシバシ感じられるわ、人をバカにするわ、責任とれないわ、被害者意識は人一倍あるわ! 
「松」のつく奴とか! 特にっっ!!!!!11111!!
むかつく。コイツに比べれば他はみんなかわいい。

それで、前回この「松」って奴が候補に上がって、芥川賞オワタのことやっぱ書いたんだけど、今回はその松の弟子・三島賞で選評伝説を作った・ゆきこりんの登場!

  • 福田和也
    • 大いなる勘違いの作品が、どういう勘違いなのか候補作になった。 女優志望者の帰卿譚。文章の水準が極度に低い。『そして、その日の夜』などと平気で書いてある。 無意味に長い描写、都合のよい展開。陳腐きわまる登場人物のとその心情。これが文芸誌に載ったことは、ある意味では記念すべきかもしれない。
  • 高樹のぶ子
    • 悲劇と悪意と暴力の重奏を聞かされた印象だが、終わりの方で力尽きている。終わる。終わる。終わる。…を半貢以上も書き連ねるとき疲れて踏ん張りが効かなくなった作者が透けて見えてしまう。乱暴なタイトルの意味も不明。
  • 宮本輝
    • 緻密な描写のわりに中身が薄すぎた。
  • 島田雅彦
    • 悪意に満ちていながら、そのセンセーショナリズムにまるでコトバが対応しておらず、小説の体裁が取り繕われただけのメモの段階にとどまっている。会話も弾んでないし、描写も凡庸。

松尾チルドレン - このページを読む者に永遠の呪いあれ

ゆきこりんの芥川賞候補作

女子高生の頃、なんとなく学校生活がかったるいという理由で体中に生えてるあらゆる毛を剃ってみたことがある。髪の毛、眉毛、脇毛、陰毛。まつげと鼻毛はさすがに無理だった。でもツルツルになって鏡の前に立ったあたしは長い手足と頭の形がきれいなお陰でこれが「美」だと言い通せばいけそうな気がしたんだけど、やっぱり親には泣かれたし、先生には怒られたし、友達には心配されたり見て見ぬふりをされたし、狂ってるとまで言われちゃったりなんかして、浮きまくった女子高生だった。

本谷有希子「生きてるだけで、愛。」

こ、これ! この漫画を何故か思い出しちまった!

臨死!! 江古田ちゃん(1) (アフタヌーンKC)

臨死!! 江古田ちゃん(1) (アフタヌーンKC)

江古田ちゃん、ごめん…。俺を許してくれ。

ま、でも「松」と「ゆきこりん」はまさに「いじめられっこ、世にはばかる現象」だな。
日本では被害者面したほうがより強くなれますから。上手な生き方を体現している最強なお二人だと思います!

はい、それでは、今日はこの辺で。歌いながらお別れです!
芥川賞 オワタ\(^o^)/
芥川賞 オワタ\(^o^)/
芥川賞 オワタ\(^o^)/
芥川賞 オワタ\(^o^)/
芥川賞 オワタ\(^o^)/
芥川賞 オワタ\(^o^)/