読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このページを読む者に永遠の呪いあれ

スマフォからコメントを書き込む場合、一度PCモードで表示してください

コメントを書きこむ前に、こちらの記事に必ず目を通してください 「処刑宣告

在日映画と大島渚<序章>

今、USENGyaO」で2度目の大島渚特集が組まれていて、ファンとしては感涙ものです。
永遠にリピートしつづけてください。USENにはマジで感謝しています。

大島渚 DVD-BOX 1

大島渚 DVD-BOX 1

大島渚 DVD-BOX 2

大島渚 DVD-BOX 2

そんな中、松竹からも「大島渚のDVDコレクション」が発売される機運となり、うれしいけれども、過去の遺産になりつつある状況に複雑な気持ちだったりしますが。

絞死刑 [DVD]

絞死刑 [DVD]


さて、その「GyaO」で先月放映されていた『絞死刑』をまた見ました。それに付随して、「在日」に関係する映画をレビューしようと思う。
ちなみに、『絞死刑』は実際にあった事件を基にしている、いわゆる実録犯罪映画。「無限回廊」さんとこに事件の詳細が載っていますので、ついでにリンクしときます。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/komatugawa.htm

読めば分かりますけど、在日朝鮮人による殺人事件です。
何故、在日の映画監督・崔洋一が大島をリスペクトしてやまないのか、その理由は映画を見れば分かるとしかいいようがない。