読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このページを読む者に永遠の呪いあれ

スマフォからコメントを書き込む場合、一度PCモードで表示してください

コメントを書きこむ前に、こちらの記事に必ず目を通してください 「処刑宣告

天使の恥部


ブエノスアイレスプイグは、アルゼンチンの作家です。
作品のいくつかは、映画にもなっています。「蜘蛛女のキス」とか、ウォン・カーウァイの「ブエノスアイレス [DVD]」など全然原作に忠実でないという噂で、監督自身もまた認めているようですが。


原作となった「ブエノスアイレス事件 (白水Uブックス (63))」にほんの少しだけ登場するエピソードを膨らませて1本の映画にしてしまったようですが…、はっきり言って、そのエピソード=主人公の恋人が、かつて同性愛者だったという話、ちっとも覚えておりません。


そもそも、映画的手法で書かれた小説をさらに映画に焼きなおす必要があるのか否か。。
まあ、「ブエノスアイレス」はかなりいいようなので、機会があれば見てみたいと思います。


ちなみにプイグは同性愛者でした。
タイトルセンスがどれも良過ぎ。


<複>野坂昭如野坂昭如リターンズ〈2〉エロトピア」(文庫)★★★
<複>マヌエル・プイグ天使の恥部 (文学の冒険シリーズ)」(単行本)★★★★