読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このページを読む者に永遠の呪いあれ

スマフォからコメントを書き込む場合、一度PCモードで表示してください

コメントを書きこむ前に、こちらの記事に必ず目を通してください 「処刑宣告

映画『コンクリート』上映を巡る反対運動を懸念する

< コンクリート OFFICIAL SITE >

この事件のことは勿論知っていますし、ずいぶん昔の事件にも関わらず未だにネットでは頻繁に取り上げられています。

概要を知るほど吐き気がするような残忍な事件であり、精神的にも生理的にも胸やけする内容です。
こうした事件が起きるたびに「人はどこまでも堕ちることができるし、どこまでも非道になれる」証明だなと思ってます。

しかし今回の上映騒動に対する対応はアップリンクらしい英断だと思いました。
それにしても公開前から上映反対、それも匿名の集団による脅迫めいた嫌がらせ行為として起こるのは日本位じゃないかと思いました。それもまた、事件と同じくらいに気持ちを暗くさせるのです。

『コンクリート』という映画が、どのように事件を扱っているのか情報が少なすぎて今の段階では分かりません。分かりませんが、内容の賛否については上映後に取り沙汰すべきではないかと思わずにはいられません。
でなければ制作サイドにとっても観客にとってもフェアじゃない。

陰惨な事件を題材にすら試みは、そこだけを取り上げるべきではないし、海外でも映画の内容から上映反対運動はいくらでもあるし、それによって公開期間が短縮された事例もいくつかあります。
しかし今回の反対運動は「未公開」映画の上映中止を求めていることであり、その点に不穏な空気を感じずにはいられないのです。
「公開後」だったら、まだ看過できた。それで中止となれば、それだけ内容に問題があったのかとも思えた。しかし今回の件は、現時点で映画を見た人がほとんどいない。告知されてる内容だけで糾弾されているわけです。

自分も表現に携わる端くれだからこそ、この事態を重く受け止めているのですが、一部の過激な批判的意見が、まるで多数の意見を代表しているかのように扱われ、作品を見ている人すらほとんどいない中で、封殺されることの恐怖と内容だけで発表すらできないという状況を作り出してはならないと考えますし、ましてやそれが国家の力ではなく、得体のしれない匿名の市民によって抹殺される事態は、作り手にとって末恐ろしいことでしかありません。