読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このページを読む者に永遠の呪いあれ

スマフォからコメントを書き込む場合、一度PCモードで表示してください

コメントを書きこむ前に、こちらの記事に必ず目を通してください 「処刑宣告

ユング式心理テスト

自分


エゴグラムの診断を不服としたオイラは、次なるテストに臨むことにした。


何でも、ユング式というからには信憑性は高そう…と勝手に邪推してみたり。
以下結果です。( http://www.gallery.ne.jp/~mti/type/testt3.htm )


内向〓思考
このタイプは、端的に言えば抽象的で自分独自の考え方を持つ人です。他人がどんな意見を持っていようとも、自分の理屈で納得できなければ、受け入れようとはしません。そのため物静かで思慮深い印象が特徴的です。ただ、外側の基準に頼らないため、偏ると極端に頑固で偏屈になったり、何でもないことをこだわり迷っていつまでも決断がつかない面もあります。
思考型の共通の特徴としてあるように、反対の感情タイプが劣っている場合が少なくありません。感情型の理屈にとらわれない姿を理解できず、あまりに論理的でないやり方に苛立ちを感じることもあるかもしれません。そういう場合は、理屈を持ち出せば持ち出すほど、相手との関係は悪くなりがちです。特に正反対の外向感情型の人には戸惑うことが多いでしょう。なれなれしく支配的で傲慢に映るかもしれません。あるいは、かえってそれが刺激的で魅力的と映り、異性であればその相手にのめり込んでしまうといったこともあり得ます。


内向〓感覚
このタイプは、内的な印象やイメージを重視します。微妙な違いを察知したり器用な手先でそれを図や映像で表現できるような人です。5感に優れ、繊細な印象を与えるでしょう。合理型には、どれも同じように見えたりどうでもよいことを詳細に調べた
り知ることができ、変わったコレクションの趣味を持っていたりすることもあります。
よく言って、その道の専門家、そうでなければマニアやオタクと呼ばれる人でもあります。
こうした繊細さを持つがゆえに、悪気がなくてもそれを軽視したり無視するようなタイプの人との関係がうまくいかないことがあるかもしれません。直感型の大雑把で突飛な言動にはついてゆけないことでしょう。社会通念などで自分の価値を否定されるのは嫌いで、土足で踏みにじられる思いさえすることがあるでしょう。あるいは逆に、自分の印象だけに頼って、やはり的外れな方向に歩みだしたりする面もあります。


このテストはエゴグラムと違って8個しか診断結果がありません。(4×4の組み合わせ)
それで「内向-思考」が主な診断結果、「内向-感覚」が補助機能だそうです。


「マニアやオタク」って…。確かにそうだけど。
「土足で踏みにじられる思いさえすることがあるでしょう」
あるある! 何度もあったし…。


ウワァァァァァン!ヽ(`Д´)ノ
思い出させやがって!


的外れな方向に歩みだしたりする面もあります
まさにそうですが、何か。


しかしこうしてみると、「理屈屋」という点で共通点のある結果が出た。
やはり、「傲慢な頑固者」ということか…。